FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌日記 ピアノの調律

“グランドピアノって 年に何回くらい調律するんですか?”
友人から尋ねられました。
調律の頻度は 人によって違いますね。 また ピアニストか否かでも異なります。
我が家は 平均すると年に2,3回といったところでしょうか。
いつも来ていただく調律の方は決まっています。
我が家の場合 全体的に音が狂うというより、使用頻度の
高い音がどんどん狂ってきます。
この音、だいたい発声練習の際に注意する音です。
知り合いのピアニストTさんが“ちょっとくらいの狂いなら自分で調整する”
と言っていました。そうですね。 
年に何回も調律しているとその費用も結構になります。
私はそんな器用な事はできないので調律師さんにお願いします。
ちなみにピッチは442HZにしてもらっています。
最近 開いてきた音が多いのでそろそろ調律を頼まなくてはいけないかな?


ピアノの調律とは全く関係のない動画です。
G.ヴェルディの生きていた頃に比べると現在のピッチは高すぎる。
また“ヴェルディ自身も 432HZに戻すべきだと言っていた”と紹介しています。
いかにも歌い手の国イタリアらしい講演会ですね。
その頃からピッチが高くなる傾向があったのでしょう。
現在と比べると半音の違いでしょうか。
亡くなられたP.カップッチッリが オペラErnaniのアリアを歌っています。
伴奏に使用しているピアノは ヴェルディが生きていた頃のものでしょう。
 



スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

尾田 頼彦

Author:尾田 頼彦
声楽家、ヴォイスカウンセラー。

20年近いイタリアでの音楽経験を生かし、皆さんの声の悩みに
お答えしています。
2010年5月に行われましたイタリアでのバロックコンサート,12月に東京文化会館で行われた アンサンブル パルマイタリアとのコンサートは大好評でした。 5月に指揮者として吹奏楽を指導したDVD指揮法大全集が 有限会社まじかるふぇいすより発売されました。



リンクの“尾田家へようこそ”も
ご覧下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。