FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌日記  Ecco respiro appena...(直訳すると 息をするのがやっと...)

このイタリア語、ソプラノの方からわかるかもしれませんね...
チレーア作曲のオペラ アドリアーナ ルクブルール(Adriana Lecouvreur)の
第一幕で主人公 アドリアナーの歌うアリアです。
先日レッスンでソプラノの方が不思議そうに、
“どうして息をするのがやっとなのですか? 
La traviataみたく死んじゃうのですか?”と尋ねました。
この方イタリア語に堪能な方です。
ですから、ほとんどの歌詞など辞書なしに理解でますし、
レッスンの際にもイタリア語で冗談を言い合ったりして、なかなか楽しいのです。
ところでこの場面は女優であるアドリアナーが、周りから褒められても
“やっとの思いで演技しているのです”という場面です。
“息をするのがやっと...”という歌詞はそのような気持ちから出たものでしょう。
でもいろいろな質問がありますね。
先日宮崎からいらした方は、矢継ぎ早にいろいろな質問をしてきました。
頭の中でしっかりと整理された質問でした。
“質問の仕方”には生徒さんそれぞれの性格やものの考え方が反映されますね。
なかなか面白いです。


Maria Chiaraの歌うアドリアーナのアリアです。
以前“私は Voce chiusa(ヴォーチェ キューザ 直訳すると閉じた声)で歌う”
と言っていた事を思い出しました。 理解できる方は少ないでしょうね。
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

尾田 頼彦

Author:尾田 頼彦
声楽家、ヴォイスカウンセラー。

20年近いイタリアでの音楽経験を生かし、皆さんの声の悩みに
お答えしています。
2010年5月に行われましたイタリアでのバロックコンサート,12月に東京文化会館で行われた アンサンブル パルマイタリアとのコンサートは大好評でした。 5月に指揮者として吹奏楽を指導したDVD指揮法大全集が 有限会社まじかるふぇいすより発売されました。



リンクの“尾田家へようこそ”も
ご覧下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。