FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌日記 伴奏合わせ


“歌の扉”の第一回目の伴奏あわせがありました。
皆さんなぜか緊張していましたね。
我が家での伴奏あわせなのですが、“本番モード”なのでしょう。
普段レッスンでは歌詞も間違えずにきちんと歌っていた方が 一番と二番の歌詞をごっちゃにしたり、
いつもよりも遅いテンポで歌い始めたり、穏やかな曲をダンスのように歌い始めたりと様々でした。
でも中にはいつもよりもしっかりとした声で歌たった方もいました。
“緊張感”というのはマイナス面だけではありませんね。
声のポジションがずれても、それはすぐにレッスンで修正できることです。
重要なのは 歌う方々が自分自身の音楽を表現できれば良いと思っています。
10名の方の伴奏あわせの後は 名古屋からいらした方のレッスン、
鹿児島の方の遠距離ヴォイスコントロールでした。
なんだかんだと結構疲れた日でした。


V.bellini作曲のオペラ “清教徒”よりバリトンの歌うアリア
“Ah, per sempre”(永遠に君を失えば)です。
“歌の扉”でも歌う方がいますが、この方 伴奏合わせでは普段より
数倍かっこよく歌っていました。 本番でも歌えるかな?
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

尾田 頼彦

Author:尾田 頼彦
声楽家、ヴォイスカウンセラー。

20年近いイタリアでの音楽経験を生かし、皆さんの声の悩みに
お答えしています。
2010年5月に行われましたイタリアでのバロックコンサート,12月に東京文化会館で行われた アンサンブル パルマイタリアとのコンサートは大好評でした。 5月に指揮者として吹奏楽を指導したDVD指揮法大全集が 有限会社まじかるふぇいすより発売されました。



リンクの“尾田家へようこそ”も
ご覧下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。