FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌日記 磨くこと

久しぶりに洋銀のポザーテ(ナイフやフォーク類)を磨きました。
先日おとづれたパルマの大規模な骨董市“Mercante in fiera”では、
それこそタンス一杯に収められた銀のポザーテがたくさんありました。 
照明に照らされたこれらの銀食器類は目が痛くなるくらいの眩しさでした。
このようなものは 多分昔の貴族の館から出たものでしょう。
“たくさんのお客さんが来るたびに使用人たちが一生懸命磨く” 
そのような光景が目に浮かびます。
我が家では普段はスレンレスのポザーテを使っています。 
イタリアへ行ってすぐに購入したものなのでかれこれ30年以上使用しています。
そのほかに お客さん用に金の縁取りのあるものや 洋銀ものがあります。
洋銀製は酸化しやすいのが欠点ですね。
ナイフフォークなどを一本一本磨くのは手間がかかりますが、
ピカピカになってくると嬉しいものです。

昨夜のスカイプでのヴォイス コントロールの際に 生徒さんが、
“昨年の今頃の声と最近の声の本番での録音を聞くと、以前の声は電波状態の悪いラジオから
聞こえてくるように ザラザラしていた。でも最近の録音の声は ちょっと光って聞こえるようになった。”
と言っていました。
声だって きちんとした方法で磨いてやると、それなりに光ってくるのですよね。
要は丁寧に ヴォイスコントロールすることです。

ところで一生懸命磨いた洋銀のポザーテで料理を食べるとなんだかとても贅沢な気分になりました。

P3080003_convert_20120310182912.jpg
写真は天然のブリのフリッタです。 塩胡椒で味付けしてあります。
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

尾田 頼彦

Author:尾田 頼彦
声楽家、ヴォイスカウンセラー。

20年近いイタリアでの音楽経験を生かし、皆さんの声の悩みに
お答えしています。
2010年5月に行われましたイタリアでのバロックコンサート,12月に東京文化会館で行われた アンサンブル パルマイタリアとのコンサートは大好評でした。 5月に指揮者として吹奏楽を指導したDVD指揮法大全集が 有限会社まじかるふぇいすより発売されました。



リンクの“尾田家へようこそ”も
ご覧下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。